子ども建築塾「いえとまちって何だろう?」

子ども建築塾「いえとまちって何だろう?」子どもたちの建築やまちに対する意識を高め、思考や表現の個性をのばします。

photo_c_2016

2016年度 子ども建築塾カリキュラム

小学校高学年の児童を対象に、一年を通して建築やまち、環境について考えます。
前期は「いえ」をテーマに、図面の描き方、模型のつくり方、発表の仕方などを学びながら、想像力あふれる「いえ」を設計します。これまでには「自然のようないえ」や「動物たちがくらすいえ」といった課題が出題されました。建築のかたち、空間、機能、スケールを学びながら、わくわくするような「いえ」の設計を学びます。
後期は「まち」をテーマに、都内のまちを皆で歩きながら、まちの成り立ちや公共空間について考えます。実際のまちなかに設定した敷地に「まちの建築」を設計し、最終的にはみんなでひとつのまちを完成させます。まちの歴史や文化、地形や環境をふまえた上で、人が集まることによって生まれるにぎわいなど、都市全体を広い視野から考えます。

講師

伊東豊雄(いとう・とよお)

伊東豊雄(いとう・とよお)
建築家

1941年生まれ。1965年東京大学工学部建築学科卒業。日本建築学会賞作品賞、ヴェネツィア・ビエンナーレ「金獅子賞」、王立英国建築家協会(RIBA)ロイヤルゴールドメダル、プリツカー建築賞など受賞。

アストリッド クライン

アストリッド クライン
建築家

クライン ダイサム アーキテクツ代表。共にRCAを修了したマーク ダイサムと1991年に設立。代表作に代官山T-SITE、GOOGLE TOKYO OFFICE、SHISEIDO THE GINZAなど。www.klein-dytham.com

村松 伸(むらまつ・しん)建築史家

村松 伸(むらまつ・しん)
建築史家

1954年静岡県袋井市生まれ。東京大学生産技術研究所教授。工学博士。専門は建築史・都市史、まち環境リテラシー教育学。国際頭立ち協会会長。国際なかなか遺産委員会共同代表。

助手

小森陽子(こもり・ようこ)

小森陽子(こもり・ようこ)
建築家

柴田淑子(しばた・よしこ)

柴田淑子(しばた・よしこ)
建築家

田口純子(たぐち・じゅんこ)

田口純子(たぐち・じゅんこ)
東京大学 先端科学技術研究センター 特任研究員

※ 建築やデザインを学ぶ大学生・大学院生や、建築設計にたずさわる建築家がTA(ティーチング・アシスタント)として参加します。塾生一人ひとりの特性や理解の度合いを把握し、学習や制作をきめ細かくサポートします。

年間カリキュラム (予定)

※一部、変更となる可能性があります。

年間カリキュラム

*《特別プロジェクト》
瀬戸内海の大三島を舞台に、1泊2日の夏期合宿を行います。海と山に囲まれた、自然豊かな地に建つ伊東豊雄建築ミュージアムの見学や、今治に住む子どもたちと交流しながら、原寸大の小さな空間をつくるワークショップに参加します。(旅費は各自負担。)

開講日数

全20 回、2 期制(前期10 回 / 後期10 回)
隔週土曜日14:00~16:00 開講
※都合により、曜日・開講時間を変更する場合がございます。

受講対象

小学校高学年(4年〜6年)の児童

定員

20名
※定員を超えるご応募があった場合は、模擬授業による選考を行わせていただきます。
※模擬授業では、約1時間半の間、出題されたテーマの「いえ」のスケッチを描きながら、講師が個別に対話を行います。

受講料

月額10,000円(全10ヶ月)
※教材費、材料費、見学費を含みます。通塾にかかる交通費は各自ご負担ください。
※前期 4月末 / 後期 9月末までに50,000円ずつ納入していただきます。

募集締切

2016年3月15日(火)
2016年度のお申し込みは終了いたしました。
多数のご応募をいただき、ありがとうございました。

2017年度のお申し込みは2017年2月下旬頃より開始予定です。

面接日

2016年4月2日(土)

申込

> 子ども建築塾お申し込みフォーム

最新情報

> 子ども建築塾のブログ