ニュース

このたび伊東建築塾では、12月16日(土)に、公開講座『ホームレス状態を生み出さない日本を目指して』を開催いたします。

今回は、NPO Homedoorの理事長を務める川口加奈さんを講師に迎え、野宿生活者(ホームレス)をはじめとする生活困窮者を対象とした就労支援の取り組みについてお話しいただきます。

『ホームレス状態を生み出さない日本を目指して』

講師:川口加奈氏(NPO Homedoor 理事長)
川口加奈

1991年大阪府高石市生まれ。大阪市立大学卒業。14歳でホームレス問題に出会い、ホームレス襲撃事件の根絶を目指し、炊出しや100人ワークショップなどの活動を開始。19歳でHomedoorを設立し、シェアサイクルHUBchari事業などでホームレスの人や生活保護受給者180名以上に就労支援を提供する。

NPO Homedoor 公式ウェブサイト http://www.homedoor.org



日時:2017年12月16日(土)17:30〜19:30(17:00開場、受付開始)

会場:伊東建築塾 恵比寿スタジオ
住所:東京都渋谷区恵比寿3丁目32-12
アクセス:JR「恵比寿」駅東口より徒歩約13分

※詳細の地図はこちらのページをご参照ください。

定員:60名

※当日、会場でのお席は先着順とさせていただきます。

受講料:2,000円

※当日、会場にて受付の際に現金でお支払いください。

 申込締切:2017年12月12日(火)

※但し、定員に達し次第、締切とさせていただきます。また、締切日を過ぎたお申込みにつきましては、お受けできません。お早めにお申し込み下さい。

申込方法:下記メールアドレス宛にお申し込みください。
件名を「公開講座参加希望」とご記入いただき、本文に「お名前・ふりがな・電話番号」を明記の上、送信ください。
複数名参加される場合、全員の方のお名前をご記入ください。

メール:kouza@itojuku.or.jp

お申し込みいただいた方には、12月13日(水)もしくは12月14日(木)に
受付完了のメールをお送りさせていただきますので、ご確認下さいませ。皆様のご参加をお待ちしております。


※公開講座は、本来でしたら当NPO法人の会員の方のみが対象となりますが、現時点でお席に余裕がありますので、 今回に限り、一般の方のお申し込みを承ります。

大三島みんなのワイナリーでは、瀬戸内初のワイン生産を目指し、一緒に葡萄を栽培してくださるスタッフおよび運営事務を担ってくださるスタッフを募集しています!温暖な気候に恵まれ、素晴らしい景色が広がる気持ちの良い環境で、一緒にワインづくりをしませんか?

 
大三島みんなのワイナリーとは?

葡萄栽培がさかんな地中海の気候に近い大三島。高齢化が進み、耕作放棄地が増えていく中で、地方に移住したい人が夢を持って仕事ができるようにという思いから、2014年に活動を開始しました。

2014年に最初の苗木を試験的に植え始め、2016年には400本、今年はさらに1,000本の苗木を植えました。主な品種はシャルドネとマスカット・ベーリー・A。いずれも日照時間が長く、水はけの良い土地で、順調に育っています。

2017年5月の葡萄畑の様子

2017年9月の葡萄畑の様子

今年9月には初めての収穫祭を行い、約230kgの葡萄を収穫することができました!

 

現在、岡山県新見市にある「domaine tetta」さんにて委託試験醸造を行っています。

発酵中のワインは、海辺で育てた葡萄ならではの、後味に若干の潮味を感じます。
年内中に瓶詰し、年明けから「大三島みんなのワインバル」にて試飲できる予定です!

ワインラベルイメージ(デザイン:日本デザインセンター 原デザイン研究所)

2018年から2019年にかけては引き続き委託醸造によるワイン製造をしながら、徐々に葡萄の収量を増やし、2020年には島内に建設予定の醸造所において醸造がスタートできるよう、日々挑戦を重ねています!

瀬戸内初のワインづくりを目指して、あなたも一緒に夢を追いかけてみませんか?


【募集条件】

①栽培担当スタッフ

仕事の内容:醸造用葡萄の栽培に係わる作業全般

求める人材:自然の中で1年を通して農作業のできる、体力に自信のある方であれば、未経験者でも歓迎します!農業経験(特に葡萄の栽培経験)や醸造経験があり、専門知識のある方もお待ちしております。

募集人数:1名

 

②運営事務スタッフ

仕事の内容:広報、販売、経理、顧客管理など、大三島みんなのワイナリー運営にかかる運営事務作業全般

求める人材:明るく前向きな方、コミュニケーションをとることが好きな方、責任感があり最後まで粘り強く仕事に取り組める方を求めています!

必要なスキル:
メール、Microsoft Office (Word, Excel, PowerPoint) などのソフトの基本的な操作

募集人数:1名

 

(以下、①②共通)

勤務地:大三島(愛媛県今治市)

雇用形態:正社員(契約社員、アルバイトなどの雇用形態もご相談に応じます)

年齢:2018年8月時点で45歳未満の方を優遇します

給与:応相談(経験・能力を考慮し、面接・面談後に決定します。試用期間6ヶ月あり。)

待遇(福利厚生):各種社会保険完備

必要な資格:普通自動車運転免許(AT限定不可)

募集期間:2017年11月〜2018年1月(採用次第、終了)

応募方法:
履歴書と志望動機を、メールもしくは郵送にて送付してください。5MB以下のPDFデータの場合、メールに添付してお送りいただいても構いません。

※島外から移住される方は住居などのご相談に応じます。ご興味のある方は、まずはメールでお問い合わせください。

info2015[at]ohmishimawine.com(担当:林)
※ [at]→@に変換してください。


お問い合わせ先:大三島みんなのワイナリー

〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦5562番地 大三島みんなの家2F
TEL 0897-72-9377
公式ウェブサイト http://ohmishimawine.com
Facebook https://www.facebook.com/ohmishimawine/

このたび、2017年度後期の「子ども建築塾」のTA(ティーチング・アシスタント)を募集します。小学校高学年の子どもたちの制作サポートを行いながら、伊東豊雄をはじめ、太田浩史さん、アストリッド・クラインさん、豪華講師陣から直接レクチャーを受けたり、建築家の設計した建築を子どもたちと一緒に見学できるチャンスです。学歴や経験は問いませんが、子どもたちと一緒に建築を学びたい、という熱意ある学生や社会人の皆様からのご応募をお待ちしております!

● 全10回、隔週土曜日14:00〜16:00開講
※都合により、曜日・開講時間を変更する場合がございます。

● 内容:子どもたちのスケッチや模型づくり、プレゼンボード等の制作の補助を行っていただきます。見学時の付き添いや、交通安全管理にもご協力いただきます。また、授業時間外で、教材準備のお手伝いをお願いする場合がございます。

● 募集対象:建築、環境デザイン等の分野を学ぶ大学生・大学院生、建築関係の仕事に従事する社会人

● 募集定員:30名
※多数のご応募があった場合、参加日数の多い方を優遇し、シフトを組ませていただく場合がございます。

● 条件:基本的には日当、交通費などはお支払いしておりません。
また、できる限り、事前に開催されるキックオフミーティングにご参加ください。

日時:9月30日(土)10:30~11:30
場所:伊東建築塾 恵比寿スタジオ
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3丁目32-12
JR・東京メトロ 日比谷線「恵比寿」駅より徒歩13分

● 申込方法:件名に「子ども建築塾TA参加希望」、本文に「氏名(ふりがな)、ご所属先(大学・学年/会社名)、電話番号」をご記載の上、staff@itojuku.or.jp までメールにてお申し込みください。

● 申込締切:9月24日(日)

このたび、伊東豊雄がコミッショナーを務める「くまもとアートポリス」の建築展2017のプレイベントとして、東京シンポジウムを開催する運びとなりました。ご興味がございましたら、是非ご来場いただければ幸いです。

くまもとアートポリス建築展2017 東京シンポジウム
「みんなの家、その先へ」

「みんなの家」は東日本大震災(2011)や熊本阿蘇地方での土砂災害(2012)、熊本地震(2016)後に、家を失った人々が集い、暖を取り、飲み、食べ、語り合える場を提供するためにつくられたささやかな場所です。2017年7月までに東北では16棟、熊本では87棟余りが完成し、なおつくられ続けています。
「みんなの家」は小さなコミュニティを回復する場として、被災地以外の地域においても広がりを見せ始めています。さらに熊本では仮設住宅の次のステップとしてアートポリス主導による災害復興公営住宅の計画も進行しています。
このシンポジウムでは、「みんなの家」がどのような役割を果たしてきたのかを検証するとともに、いかにして「みんなの家」や災害復興公営住宅がこれからの暮らしのモデルとなりうるのかを皆さんと話し合いたいと考えています。

開催概要
日時: 9月2日(土)14:00〜17:00 (開場13:30〜)
会場: 寺田倉庫 G3-6F(東京都品川区東品川2-6-10 6階)
出演者:伊東豊雄、山本理顕、妹島和世、アストリッド・クライン、桂英昭、末廣香織、曽我部昌史、平田晃久、大西麻貴、近藤哲雄、原田展幸、山室昌敬、甲斐健一、工藤和美、内田文雄、岡野道子

申込方法:当日先着順
定員: 300名
入場料: 無料

主催: 熊本県・くまもとアートポリス建築展2017実行委員会 + NPO法人
HOME-FOR-ALL
お問合せ先:伊東豊雄建築設計事務所(担当:木下)
tel. 03-3409-5822(平日10:00-18:00)

《チラシのPDFデータはこちらからダウンロードしていただけます》
くまもとアートポリス建築展2017東京シンポジウム

先日発行された伊東豊雄の新著『冒険する建築』の刊行記念イベントとして、本の中でも最も重要なプロジェクトの一つといえる台中国家歌劇院をメインテーマに、藤森照信先生と伊東が対談します。
またイベント冒頭では、写真家の畠山直哉様が撮り下ろした台中国家歌劇院の写真(初公開)を、自らスライド操作をしながら見せて下さいます。
ご興味のある方は、ぜひご参加いただければ幸いです。

『冒険する建築』刊行記念イベントー台湾でのオペラハウスを語る

出演者: 藤森照信×伊東豊雄+畠山直哉(写真)
日 時: 7/18(火)19:15〜20:45 (開場18:45〜)
会 場: 青山ブックセンター本店 大教室
住 所: 〒150-0001 渋谷区神宮前5-53-67
テーマ: 「台湾でのオペラハウスを語る」
入場料: 1,350円
定 員: 110名
申込方法:
(1)青山ブックセンターウェブサイトの「オンライン予約」にて申込
(2)店頭にてチケット購入

このたび、京橋のLIXILギャラリーにて、伊東豊雄展「新しいライフスタイルを大三島から考える」を開催する運びとなりました。2011年に伊東豊雄建築ミュージアムが開館したことをきっかけに、伊東豊雄と伊東建築塾有志による大三島でのプロジェクトが始まりました。本展では2017年度に行われる予定の10のプロジェクトを、写真や模型、映像で紹介します。

「新しいライフスタイルを大三島から考える」
会期:2017年4月1日(土)〜6月18日(日)
開館時間:10:00〜18:00
休館日:水曜日、5月28日(日)
観覧料:無料

■ 協力
伊東建築塾  今治市  今治市教育委員会
今治市伊東豊雄建築ミュージアム  海sora&花結び
大三島みんなのワイナリー  ヤマハ発動機

■ 展示写真
西部裕介
吉野 歩

■ 展示映像
田中英行(編集)
TO NINE Inc. / LIFELOG Inc.(撮影)
石田多朗(音楽)

このたび、2017年度前期の「子ども建築塾」のTA(ティーチング・アシスタント)を募集します。小学校高学年の子どもたちの制作サポートを行いながら、伊東豊雄をはじめ、豪華講師陣から直接レクチャーを受けたり、建築家の設計した建築を子どもたちと一緒に見学できるチャンスです。

学歴や経験は問いませんが、子どもたちと一緒に建築を学びたい、という熱意ある学生や社会人を対象しています。

初めてTAに参加したいと考えている方を対象に説明会も行いますので、ご興味のある方はぜひお越しください。

子ども建築塾 TA説明会

日時:3月25日(土)13:00~14:00
場所:伊東建築塾 恵比寿スタジオ
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3丁目32-12
JR 恵比寿駅東口より徒歩約13分
事前申込不要

子ども建築塾 授業詳細

● 全10回、隔週土曜日14:00〜16:00開講
※TAは授業前後に事前準備と反省会を行うため、13:00集合/17:00解散となります。

※都合により、曜日・開講時間を変更する場合がございます。

● 内容:子どもたちのスケッチや模型づくり、プレゼンボード等の制作の補助を行っていただきます。見学時の付き添いや、交通安全管理にもご協力いただきます。また、授業時間外で、教材準備のお手伝いをお願いする場合がございます。

● 募集対象:建築、環境デザイン等の分野を学ぶ大学生・大学院生、建築関係の仕事に従事する社会人

● 募集定員:30名
※多数のご応募があった場合、参加日数の多い方を優遇し、シフトを組ませていただく場合がございます。

● 条件:基本的には日当、交通費などはお支払いしておりません。
また、できる限り、事前に開催されるキックオフミーティングにご参加ください。

日時:4月2日(日)10:30~11:30
場所:伊東建築塾 恵比寿スタジオ
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3丁目32-12
JR 恵比寿駅東口より徒歩約13分

● 申込方法:件名に「子ども建築塾TA参加希望」、本文に「氏名(ふりがな)、ご所属先(大学・4月以降の新学年/会社名)、電話番号」をご記載の上、staff@itojuku.or.jp までメールにてお申し込みください。

● 申込締切:3月26日(日)

伊東建築塾の2017年度カリキュラムを公開しました。

2017年度も引き続き「会員公開講座」「子ども建築塾」の講座を開催してまいります。また、大三島での活動をさらに推進するために、従来の「塾生講座」は「大三島ライフスタイル研究所」に名称を改め、農業や空き家、宿泊施設やトランスポーテーションなどの問題を包括的に考え、具体的な行動を起こしていく所存です。詳細については、下記のページをご参照ください。

会員公開講座
申込締切:年間を通じて随時受付
http://itojuku.or.jp/course/a/

大三島ライフスタイル研究所
申込締切:2017年3月13日(月)
http://itojuku.or.jp/course/b/

子ども建築塾
申込締切:2017年3月26日(日)
http://itojuku.or.jp/course/children/

皆様のご応募をお待ちしております。

スクリーンショット 2017-02-08 16.00.47

このたび、伊東豊雄が恵比寿映像祭の地域発信プロジェクトに参加することになりましたので、以下にご案内致します。

地域発信トークでは、伊東豊雄と子ども建築塾講師のアストリッド・クラインさんが、昨年度の子ども建築塾のまちの課題「渋谷川とまちの建築」を紹介しながら、恵比寿のまちについてお話しします。

「YEBIZO MEETS」II 地域発信トーク:伊東建築塾
出演:伊東豊雄、アストリッド・クライン
モデレーター:古川きくみ
会場:COMMON EBISU[恵比寿ガーデンプレイスB1Fグラススクエア内]
日程:2月11日(土)15時30分~16時30分
定員:60席(別途、エリア内での立見可)
入場:無料
https://www.yebizo.com/jp/program/detail/10-02

その後、伊東豊雄と瀬戸内国際芸術祭などをプロデュースされる北川フラムさんとのトークセッションも行われます。それぞれが地域で行っている活動を踏まえ、建築や美術の視点から都市の未来について対談します。

「YEBIZO MEETS」I 特別セッション
出演:伊東豊雄、北川フラム(アートディレクター)
モデレーター:関康子(編集者)
会場:COMMON EBISU[恵比寿ガーデンプレイスB1Fグラススクエア内]
日程:2月11日(土)17時00分~18時00分
定員:60席(別途、エリア内での立見可)
入場:無料
https://www.yebizo.com/jp/program/detail/10-01

以上のプログラムのPDFはこちらのリンクからもご覧いただけます。
https://www.yebizo.com/assets/img/uploads/2017/02/others/ud/yebizo_meets.pdf

ル・コルビュジエの家 上映会DM A5OL-01

2017年2月10日〜26日に開催される第9回恵比寿映像祭の地域連携プログラムの一環で、伊東建築塾の恵比寿スタジオで《ル・コルビュジエの家》の上映会を開催します!ル・コルビュジエの建築作品の一つとして、2016年に世界遺産に登録されたアルゼンチンにある「クルチェット邸」が舞台になり、隣人同士の微妙な関係性を描いたブラックコメディです。

さらに、2017年2月12日(日)の上映会後、伊東豊雄のトークも行います。十数年前に伊東豊雄自身が「クルチェット邸」を訪問した記憶を辿りながら、ル・コルビュジエの建築について語ります。

■2017年2月12日(日)17:30-20:00、伊東豊雄によるトーク+上映会:1,200円
※2月12日(日)の伊東豊雄によるトークは都合により、上映開始前の17時半から変更となりましたので、お時間に余裕を持ってお越しください。
■2017年2月19日(日)17:30-19:15、上映会のみ:1,000円

※事前申込不要

会場:伊東建築塾 恵比寿スタジオ

恵比寿映像祭では他にも盛りだくさんのプログラムが行われます。詳細は以下のURLよりご覧ください。
http://www.yebizo.com/#pg_partner3